読書レビュー【コンビニ人間】感想

ちょっと前に読んだ小説、

コンビニ人間 の感想を!

テレビや新聞でも話題になった、第155回・2016年上半期の芥川賞受賞作で、私の周りでも時々話題に出ていました。

まずあらすじから(ネタバレなしです)
主人公は、36歳、未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後に就職しないで、コンビニのバイトを続けて18年。
彼氏なし=年齢。
スマイルマートというコンビニの日色駅前店で働き続けてきたわけですが、彼女の特殊なところは、そのことに何の疑問も抱いていないこと。

普通なら「やばいよ、そろそろ」みたいになりそうなところ、

「自分にはこれがあっている」「世界の部品になれた」と、コンビニでの仕事を「天職」くらいに思っているわけです。

当然、コンビニという場所は、働く人も、時には店長もふくめ、どんどん様変わりしていきます。

入っては辞めていくメンバーを見送りながら、すでに店長が8人目・・・というリアルな感じw

恵子が毎日食べるのはコンビニ食(しかも期限切れのとか、凹みがついたものを買っている、、、、かなりの愛社精神!?というか筋金入りのコンビニ店員ですね)

同世代の友人(というのが辛うじて1~2名だけいる設定)からどんなに不思議がられても、完璧にマニュアルの存在するコンビニでこそ自分が生きる価値があるんだと、心の底では信じて疑わない(でも表面的には、周りに合わせようとしてるんだけどね・・・・この辺りがちょっと設定に不思議感があります)

そんなある日、恵子の働いているコンビニに、新入り男性の、白羽さん(かなりの変人)が入ってきます。

彼もコンビニに働きに来ているのに、コンビニで働く人たちを明らかに見下しています。彼は恵子にそんな生き方で、人生で、自分が「恥ずかしくないのか」とつきつけます。

そして・・・

****************************

というのが、大体のあらすじです。

う~ん、まあ、感想って改めて書くのが難しい。けっこうおもしろくて自然にさくさく読めてしまうんですが、あまり突っ込みを入れるとネタバレになってしまうので(笑)

とにかく一度、読んでみて下さいっていいたくなっちゃう感じなんですよね。でもそれだと感想にならないので、ネタバレしない程度に書きます。

24時間、四六時中、機械的に動いている(ように見える、そういう仕組みを意図的に作り出している)コンビニを、現代社会の孕む異質さの象徴として描き、浮き彫りにした作品だと思います。

さらにそこに「人間」の常識非常識、標準か否か、みたいな個人的な価値観や存在意義の問題が絡んでくるので、非常に文学的な価値が高い仕上がりになっていると思います。

ネットであらすじを読むと「こんなのが芥川賞だなんて嘆かわしい」的なことを書いてる方もたくさんいます。

でも私は、この作品は、すごく軽快に読めて面白いし、かなり笑えちゃうセリフやシーンなんかも出てくるんですが、だからといって浅い軽薄な作品かというと、全然、そんなこと無いと感じたんですね。

大体、その手の感想を書いている人たちって、昔の(少し前も含めて)文豪の作品レベルとの質比べをされている方が多いです。

ですが、昔は昔、今は今。

昔と違ってネットがあって、メールがあって、一人一台スマホを持っていて、誰もが動画や情報を即時に配信できる、この現代にあった文学の形というのがあると思います。

小難しい重厚なことを書いていても、すでにある小説の二番煎じでは意味が無い、さらに、商業的に文学が成立していくために、消費者=読者の心を掴んで売れていかなければ文学としても成立しなくなっていくわけで、古典は古典として素晴らしさを認めつつ、新しい作品を受け入れ、いろんな角度から掘り下げていこうという姿勢で読めば、この作品は、私は芥川賞にふさわしい作品のように思いました。

※個人的感想です!

というのも、細部を読み込むほど、考えさせられるところが多いからなんですよ。

この話は、また改めて・・・!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です