ブライダルネイルではじめてネイルサロンに行く場合

ブライダルネイルで、式や披露宴やフォト撮影の直前に、はじめてネイルサロンに来ました!

て方、多いです。

でも、これ、実はすごく残念なパターンに終わってしまうことが多いです。

まりえは大体いつも「そうなんですね、おめでとうございます」って言いながら、お爪を見て「どうしよう~」と頭を悩ませてました。

ネイルサロンに、ブライダル本番直前の一回だけ来店される方って、ほとんどのお客様が、爪の長さがバラバラなんです。

長さって意外と大事です。1本だけ短いと結構目立ちますし、

ネイル、というか指先ってブライダルにおいて、必ず写真に残る部分で、かなり大事です。必ず、指輪を撮りますから。

撮影をしない方の場合でも、食事会などで「指輪見せて~」といわれる機会は多いはず。

ネイルはブライダルにおいて、妥協しないほうがいいと思うポイントのひとつです。

なのに、爪の長さがバラバラだと、折角ネイルのお手入れをしても、イマイチ見栄えがしません。

もちろん、ネイルサロンで、エクステンション=長さだしもやってくれますが、来店したその場で「長さを出したい」と言っても「予約状況的に、当日は無理」なことが多いし、

エクステンションは、ジェルネイル以上に、手入れが大変ですし、つける時に爪を傷めることが多い。なにより、予算は高額になります。

しかし、そもそも「長さだしって何?」「ジェルネイルって何?」ってところから説明しなければいけない場合だと、説明しているうちにどんどん時間が過ぎていって、アートなどの時間が減ってしまいます。

せっかくのブライダルネイルが、これだとちょっと残念な結果になってしまう事もあります。

そこで、おすすめは、ブライダル本番よりも3ヶ月前から、サロンに通い始めることです。

どんなデザインで当日を迎えるかイメージを膨らませつつ、長さや爪の状態を整え、本番を迎えられます。

大変かもしれませんが、月に1回を3回。最初の2回までは、デザインをする必要も無いですから、ジェルネイルのカラーだけででもいいし、クリアジェルでも、ネイルケアでもいいと思います。

同じお店に通うようにして、ネイリストさんに相談しながら、本番を迎えられたら、ベストだと思います!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です