映画~ ニュースの真相 ~

ちょっと前に見た映画の感想を書きます。

ニュースの真相

これはですね、2004年のアメリカで実際に起きた話らしいです。

アメリカの、権威ある報道番組(テレビ)のスクープ報道により、スキャンダルが勃発!

なんと、ジョージ・W・ブッシュ米大統領が再選を目指していた2004年、米国最大の放送局「CBS」のプロデューサー、メアリーメイプスが、伝説的ジャーナリスト(アナウンサー)のダン・ラザーがアンカーマン(※)を勤める看板番組で、ブッシュの「軍歴詐欺疑惑」というスクープを報道すんですよ。

まあ、この大統領選がある時期を見越して?作られただろうこの映画。

時期的にタイムリーだな~と思いながら観ていました。

主人公の女性プロデューサーをケイト・ブランシェット、アンカーマンのジャーナリストをロバート・レッドフォードが演じ、

ものすごいスピードで展開していきます。最初でこそ「スクープだ」と喜んだ、テレビクルーたちでしたが途中で事態は一転。

メアリーやダンら番組スタッフは、世間から猛烈な批判を浴びるんです。

事態を収拾するため、ついにテレビ局の上層部が、内部調査委員会を設置し、調査を開始するのですが……。

もう、息もつかせぬ、2時間で、あっという間でした。

主演の二人の、存在感と演技力はもちろん、ストーリーも実録ものだけあって、リアルでめちゃめちゃ面白い。

テレビで観ても、面白いと思いますが、映画館で見たことを、すこしも悔やみませんでしたよ~

しかも、ブッシュ大統領の再選に、あれほどの黒い疑惑があったとは・・・シャンパン部隊という言葉が出てくるんですが、リアルすぎて妙に印象に残ったぞ!ww

こんだけ面白いのに、日本で単館系って・・・と、いろいろな意味で衝撃を受けました。

やっぱり社会派の映画はいいな~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です