上手なネイルサロン選びのコツって?

ネイルサロンに行って、思い通りのネイルにならなかった、って事はありませんか?

あとは、サロンに行ってみたらやりたいデザインがなかった、とかね。

これはもう、ある程度自分で、デザインを考えていくしか無い部分もあります。

ただ、デザインを考えても、それを本当に見本どおりに近い仕上がりでやってもらえるのか。

客の立場では、不安が尽きないですよね。

実際に、まりえの働いていたサロンでも、ネイリストの技術には上手も下手もあるし、得意不得意があるのも事実。

でも、ある程度、上手い人しかいないお店というのも存在します。

どうやってそういうお店を選ぶかと言うとですね。

やっぱり、ホームページや、ブログをチェックして、事前に予想をしていくしか無いです。その予想というをどうやるか。

素人にもわかるこつを書いてみます。

●まず、「掲載されているネイルの写真に、酷いのが出ていない」のは大事です。

「酷い」のというのは、爪がガタガタとか、カラーが滅茶苦茶に、根本から空いてるとか、写真で見てもわかるほど、ムラになっているとかの写真を使っている画像です。

宣伝材料写真だけじゃなく、ブログなどにも掲載されている写真が、すべて上手で綺麗な写りのものを使っているお店は、

それなりにこだわりもあるし、下手なネイリストはいないでしょう。

●ネイリストの在籍数が、多すぎない。

店舗が大きく、ネイリストの在籍数が多いほど、技術にムラが出ます。

また、スタッフ間のコミニュケーションが取れていないことも多いです。

バイトスタッフ中心だったりすると、下手すると、出たばかりの新作や新色を知らないネイリストもいます。

多くても、1店舗3~4人、あるいは多くても、4~5人くらいのサロンのほうが技術力は安定している傾向があると思います。

今思いついた限りではこれくらいですが、またアップしていきます。